忍者ブログ

国際ニュースへのコメントだよ! ・・・<ホームページは http://salvadordali.jp/ です。(コピペしてね!)>
09 2018/10 1 2 3 4 5 67 8 9 10 11 12 1314 15 16 17 18 19 2021 22 23 24 25 26 2728 29 30 31 11

10.17.00:05

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 10/17/00:05

05.08.19:00

アメリカ女性の8割以上がデリケートゾーンのヘアを処理

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス



アメリカでは女性の8割以上がデリケートゾーンのヘアを処理していることが、カリフォルニア大学サンフランシスコ校の調査でわかったらしい。そのうち、全部脱毛してツルツルの人が6割以上とのこと。
(※画像はイメージです)

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

J-CASTによると、アメリカ・カリフォルニア大学サンフランシスコ校が行った調査によると、アメリカの女性の8割以上がデリケートゾーンのヘアを処理しているらしい。

調査は人種、年齢、所得、学歴など米国の女性全体の傾向を反映させるために、アメリカ郵政公社が用いる郵便集配の住宅情報をもとに18~65歳の女性をランダムに抽出し、さらに調査内容の趣旨に同意して回答のあった3316人のデータを調べたとのこと。

調査結果によると、83.8%(2778人)の女性がヘアの処理を行なっていると回答し、まったく処理をしたことがない人は16.2%(538人)。

処理の場所は、恥骨上部のVゾーン(73.9%)と膣周囲のIゾーン(75.1%)が多く、全部処理した人が62.1%。処理した理由については、「衛生的だから」(59.0%)、「日常的な手入れの1つ」(45.5%)、「性器の魅力が増すから」(31.5%)、「パートナーが好むから」(21.1%)。

また、どんな場面を想定して処理するのかという質問には、「性行為」(55.6%)が最も多く、次いで「バカンス」(45.7%)、「医療機関の受診」(40.0%)が続いている。

属性を見ると若い世代(18~24歳)に比べ、55歳以上の世代では処理する人が少なく、また、高学歴の人と白人に処理する人の割合が高く、白人以外の人種では低かったらしい。所得や結婚歴は関係がなく、パートナーの影響が強く、パートナーが処理しなかったり嫌ったりすると、自分も処理しない人が多かったとのこと。

☆日本でもツルマンは増えてきています!
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら